東京中央美容外科

  • LINE相談・予約
  • カウンセリング予約
  • 電話予約

切らない目の下のクマ・たるみ(ふくらみ)取り

こんな方にオススメ!

  • 写真を撮る時に「目の下に線・影」ができやすい
  • 疲れていないのに「疲れている?」と言われがち
  • 化粧をしてもクマが隠せない
  • 目の下にふくらみができ始めている

あなたのクマの種類はどのパターン

茶クマ

茶クマ

  • 【チェック方法】
    下に引っ張ったり、上を向いても消えない
  • 【状態】
    皮膚に色味(色素沈着)がついている
  • 【原因】
    アレルギーなどで目をこする癖があると、その刺激が原因で色素沈着(茶クマ)を起こしやすくなります。

青クマ

青クマ

  • 【チェック方法】
    下に引っ張ると薄くなる
  • 【状態】
    うっ滞した静脈の血液が透けて見える
  • 【原因】
    寝不足・ストレス・スマホなどで目を酷使することで、血行不良になり青くみえてしまいます。

黒クマ

黒クマ

  • 【チェック方法】
    上を向くと薄くなる
  • 【状態】
    目の下の皮膚が内側にくぼみ、黒い影ができる
  • 【原因】
    加齢による皮膚のたるみや、ホホのたるみが強い方になりやすい症状です。
  • 無料WEB予約
  • LINE相談・予約
  • お電話でのご相談はこちら(10:00~19:00)
  • TCB東京中央美容外科の公式サイトは
    tcb_美容 で検索

目の下のクマでお悩みの方へ
切らない目の下のクマ・たるみ(ふくらみ)取り

目の下がふくらみやすい原因は2つあります

1.生まれつき脂肪が多い

  • 生まれつき眼窩脂肪が多い人は、若くても目の下がふくらみやすく、クマやたるみが目立ってしまいます。

2.加齢によるもの

  • 一番多い原因が加齢によるものです。加齢により眼球を支えている靱帯がゆるむと、眼球が下がって眼窩脂肪が前に押し出され、目の下がふくらんでしまいます。

通常の目元と、目の下にふくらみができてしまった目元の断面図

目の下のふくらみが発生する仕組みのイラスト

目の下のふくらみが発生する仕組みのイラスト

施術方法

ふくらみの原因である“眼窩脂肪”を取り除くことで、症状を改善させることができます。TCBで行っている【切らない目の下のクマ・たるみ(ふくらみ)取り治療】は、皮膚の表面を傷つけず、すべて下まぶたの裏側から施術するため傷跡が残らず、ダウンタイムも短いのが特徴です。

1.麻酔

点眼麻酔をしたあとに、下まぶたの裏側に極細針を使用した局所麻酔をします。麻酔が効いたら、ほぼ無痛です。

2.極小の傷を作成

下まぶたの裏側に小さな傷をつける

下まぶたの裏側(ピンク色の結膜側)に、ほんの少しだけ傷をつけます。その小さな傷から、余分な眼窩脂肪のみを丁寧に取り除いていきます。

3.10~20分ほどで施術終了

眼下脂肪を切除するイラスト

眼窩脂肪を取り除いて、左右差がないか調整したら施術終了です。あけた穴はとても小さいのと、目の内側の粘膜は回復力に富んでいるため、縫合も通院も必要ありません。施術後にすぐご帰宅可能です。

切らない目の下のクマ・たるみ(ふくらみ)取りは、20代~60代の幅広い世代を中心に人気の施術です!

目の下の脂肪を除去する6つのメリット

メリット:1 明るくハリのある目元に

明るく若々しくハリのある目元に

目の下のふくらみを除去することで、陰影がなくなり目元に明るさとハリをもたらします。ふくらみがなくなった分、見た目年齢も-10歳以上若々しくみえます。

メリット:2 傷跡が見えない

表側から傷跡が見えない

施術は下まぶたの裏側なので、表側からは傷跡が見えることはありません。また裏側もアッカンベーをしてじっくり見ない限り、傷跡はほぼ目立ちません。

メリット:3 解剖学に基づいた治療

解剖学に熟知した医師が担当

目の下のふくらみ治療はとても繊細な施術です。目の下の脂肪には、いくつかのコンパートメント(区画)に分けられており、どの区画の脂肪をどのくらい取るかをしっかり見定める必要があります。たくさん取ればいいというものでもありません。TCBでは、美的バランスと解剖学的理論に基づき治療を行います。

メリット:4 完全滅菌された医療機器

完全滅菌された医療機器

患者様ごとに医療器具・機材を完全滅菌し、感染症対策に努めています。その他にも、院内の消毒、空気清浄、湿度管理の徹底しております。患者様がふれる、診察台・チェア・操作パネル・ドアノブ・待合室のソファなども、アルコール消毒を行っております。

メリット:5 徹底した痛み対策で体の負担軽減!

徹底した痛み対策

TCBでは麻酔注射の前に点眼麻酔をします。注射に使用する針も極細針なため、痛みほぼなしで施術を受けることができます。痛みが弱い方には、超極細針や、笑気麻酔などオプションで選択できます。TCB独自の痛み対策メニューを豊富にご用意しておりますので、ぜひカウンセリング時にご相談ください。

メリット:6 通院なし!すぐに帰宅ができる

治療後すぐに帰宅が可能

施術時間は日帰りで10~20分程度で終わります。縫合をしないため体に負担も少なく、すぐ帰宅していつも通りの生活を送ることができます。

料金
切らない目の下のクマ・たるみ(ふくらみ)取り治療
月額7,200円(税込)
※分割12回払い(初回7,827円)※通常価格 83,600円(税込)
よくある質問
  • Q カウンセリングと施術日を同日に受けられますか?
  • A はい、受けられます。ほとんどの方は、カウンセリングと同日に施術を受けられます。
  • Q 傷跡は目立ちますか?
  • A 下まぶたの裏側に、ほんの少し傷をつける程度ですので、皮膚の表側からは一切目立ちません。また裏側も、あっかんべーをしない限り傷跡は目立ちません。
  • Q 日によって目の下のクマがでます。治療が必要ですか?
  • A はい、早めの治療をおすすめします。日によって発生するということは、将来的に目の下のふくらみが定着する可能性があるためです。
  • Q 年齢制限はありますか?
  • A 健康で大きな病気等がなければ、年齢関係なく施術を受けられます。10代や20代の方でも、骨格の影響や生まれつきふくらみが目立つ方がいらっしゃいます。TCBでは70代・80代の方でも施術を希望されます。術後とても若々しく明るくなった方が多く、大変喜んでいただける施術となっております。
  • Q ダウンタイムはどのくらいの期間ありますか?
  • A 個人差によりますが、ほとんどの方は術後1~3日ほどがピークで、そこから時間経過と共に徐々に腫れや内出血がひいていきます。
  • Q 術後、メイク・シャワー・洗顔は可能ですか?
  • A はい、可能です。メイクの場合は、術後当日は目元以外のメイクでしたら可能です。シャワー・洗顔・入浴は当日から可能です。ただし、入浴は長湯をしてしまうと、腫れが長引く恐れがあるため、短時間で済ませてください。

目元のたるみの施術料金一覧

  • 無料WEB予約
  • LINE相談・予約
  • お電話でのご相談はこちら(10:00~19:00)
  • TCB東京中央美容外科の公式サイトは
    tcb_美容 で検索

ページTOPへ

ページTOPへ